お金がなくて借金が嫌いな人のための土地活用

土地活用をしようと思っても先立つものがなければ何もできません。せっかく良い立地のところに土地を持っていても、マンションを建築するためには大きな費用がかかります。
土地があればローンを組むことができるケースが多く、土地の評価額の2倍くらいまでなら借りることはできるでしょう。
しかし、借金が嫌いだという人もいるでしょうし、借金をしたくてもできないという人もいるでしょう。
このような人の場合、コストのかかる土地を売却してしまおうかと思ってしまうこともあります。

先祖代々受け継いだ土地を売却したくないと考えるのは自然なことで、そのために固定資産税などの税金を支払い続けている人もいるようです。

このような人に適した土地活用の方法の一つが定期借地です。


つまり、土地をそのまま貸してしまうことを指します。

定期借地であれば、一定期間がすぎれば必ず土地を取り戻すことができます。

化していたはずの土地を返してもらうことができなくなったり、あるいは返してもらう時に立ち退き料をたくさん支払わなければならなかったりすることもあります。

結局、安値で売らなければならなくなることもあります。
このようにならないようにするための方法の一つが定期借地という方法での土地活用です。定期借地で賃貸契約を結んでおけば、初期費用はかかりませんし、コンスタントに利益を得られるとともに、貸した土地は必ず帰ってくるというメリットがあると考えられるのです。

土地を使った稼ぎ方というのは様々なものがありますが、長期的に土地を保有することによって安定した収入を得られるというメリットがあります。
アパートやマンションなどの場合には入居者から家賃を得ることが主な収入となります。

毎月安定した収入を得ることができるのは、家賃を毎月受け取ることができるからです。
入居者がいさえすれば安定した収入を得ることができるのですから、それは非常に魅力的なことです。長期的に収支の予測を立てることができますから、例えばk利入れをするときの審査にも通りやすいと考えられます。

土地活用としてはアパートやマンション以外にもオフィスビルや、あるいは駐車場経営などもあります。

これらも利用者さえいれば安定した収入を得られるという点では違いはありません。


土地活用というのは、単に利益を得るばかりではなくて、それがかなり安定性の高いものだというメリットがあるのです。
基本的な考え方としては、あまり無理をせずに収入を安定化させることで、そのためには物件の魅力を高めていくことや、賃料を調整していくことなどが必要とされます。


投資にはもっと高い収益を得られる稼ぎ方もありますから、一攫千金を狙うのであれば他の方法の方を選んだほうが良いとかんがえられますが、安定して少しずつの収入を得たいというのであれば、土地活用というのは非常に魅力的なことの一つだと言えるでしょう。
欲を出さずに稼ぎたい人にとっては適した方法だと考えられるのです。

















関連リンク

お金がなくて借金が嫌いな人のための土地活用

土地活用をしようと思っても先立つものがなければ何もできません。せっかく良い立地のところに土地を持っていても、マンションを建築するためには大きな費用がかかります。...

more

土地活用をするときの賃料の査定

土地活用をするときには賃料を定めなければなりません。賃料はオーナーが決めなければならないもので、それをどれくらいに設定するのかによって収入が変わってきます。...

more
top