土地活用でのサブリースの注意点

サブリース契約を結ぶメリットたくさんあって、土地活用をするときには利用したいというオーナーもいるでしょう。

しかし、注意しなければならないことはたくさんあります。まず、賃料の減少についてです。サブリースのサービスを提供している不動産会社は空室が発生する可能性を見込んで賃料収入を設定しますから、一般的な管理会社を使う場合に比べると、得られる賃料収入は減少すると考えておくべきでしょう。
実際には賃料の10%を支払わなければならないこともありますから、賃料収入はかなり減少すると考えておくべきでしょう。

サブリースで土地活用すれば収入が安定するというイメージを持つ人も多いと思いますが、完全に安定しているというものでもありません。

不動産市況が悪化してくれば賃料を下げざるを得ないでしょう。
このようになれば、収入が減少しますから、短期的には安定していても、長期的な視点で見れば安定はしているとは言えません。
また、不動産市況があまりにも悪くなってしまうと、契約を解除される可能性もあります。

契約の内容によっては業者側が一方的に解除できることもありますから注意が必要です。

また、業者が倒産してしまうと言ったこともありえます。

そうなるとその後はサービスを受けることはできなくなります。

土地活用のパートナーとして長く付き合うことになりますから、業者そのものが安定した経営を行っているのかどうかにも気を配っておいたほうが良いです。

土地活用をしようと思った時に、いつまでそれをするのかを把握することは必要です。


多くの人は人生の資産形成のために土地活用をしようと思っています。
ずっと土地を保有し続けることはできません。


なぜなら人生には期限があるからです。
あの世まで資産を持っていくわけには行かないでしょう。


ですから、土地活用をしたとしても、その資産を永遠に持つことはできないのです。
それを考えれば、いつまでやるのかを決めたうえで計画を立てるべきでしょう。

厳密に定める必要はなくて、実際に運営してみてから調整をすればよいのですが、期限を定めておくことは必要なことの1つだと考えられます。
例えば、自分が生きている間だけで良いという場合もあるでしょう。
老後の資産を確保するためであれば、基本的には自分が生きている間だけで問題はありません。

この場合、個人として所有しておくと良いです。


子供にその資産を譲って、子供の代でも土地活用をしていこうと考えるのであれば、長期的な視点が必要となります。

例えば、会社を設立して、資産は会社名義にすると言ったことが考えられます。


資産を会社名義にすることによって、個人での所有ではなくなります。


そのまま会社の権利を子供に引き継ぐことによって土地活用を続けていくことができるでしょう。

いつまでするのかによって手法は異なりますから、まずどれくらいの期間にわたって保有したいのかを決めておくことは大事なことの一つです。

















関連リンク

土地活用の低い利回りを高める

土地活用の利回りは5%から7%と言われることが多いです。5%くらいならハイイールド債に投資したほうが良いと考える人もいるでしょう。...

more

駆け込み需要語の土地活用

アベノミクスによる様々な政策によって一時的に不動産の需要が高くなり、建築資材も高騰したこともあって土地活用を諦めていた人も多いと思いますが、最近になって土地付きを見せ始めています。消費税増税によって住宅に対する駆け込み需要もありましたから、いろいろなコストが上場しました。...

more
top