オフィスビルや商業ビルで土地活用

オフィスビルや商業ビルは土地活用の方法の一つとして考えられます。立地によって変わりますが、オフィス需要のある地域や駅前の繁華街などに土地を持っている場合、オフィスビルや商業ビルを建築することによって土地活用を効率的に行える場合があります。
アパートやマンションなどの賃貸住宅よりも税金の軽減措置は小さいですが、それでも相続税評価は小さくなるという傾向がありますから、税金対策として用いることはできるでしょう。
景気が安定していれば安定した賃料収入を得られる可能性が高いです。

景気の回復傾向のある昨今では、オフィスビルや商業ビルとしての需要も高まってきていて、オフィス空室率もかなり低下してきていると言えるでしょう。

デメリットとしては、立地が非常に重要なことが挙げられます。



郊外ではオフィス需要や商業需要は期待できませんから、適した立地を持っていないと失敗する可能性は高くなると言わざるを得ないでしょう。


景気が悪化すると賃料収入が減少しやすいというデメリットもあります。
初期投資の金額も大きくなりがちですから、この点も非常に難しいところだと考えられます。



大きな利益を狙いたいという人にとっては適した方法の一つだと考えられますが、条件が厳しいことやリスクが高いということなどものデメリットもあります。



好立地の場所に土地を持っている人にとっては、土地活用の方法として検討してみる価値は非常に大きいと考えられます。



地域によって習慣やその他のいろいろなことが違うように、土地活用をするときにも手法は異なってくると考えておいたほうが良いです。

ですから、その地域のことを把握することは非常に大事なことの一つだと考えられます。それは賃料の設定にも影響してきます。
ある地域で人口が増加している場合、その地域なら賃貸経営はうまく行くでしょうし、駐車場経営もうまく行くでしょう。

利便性の良い場所なら賃貸経営はうまく行くというのが一般的な考え方で、そのために土地活用は立地が全てと言われることもあります。



とは言っても、立地の条件というのは時間とともに変化するものですから、地域の動向を把握しておくことは必要です。



人口が増えている地域なのか減っている地域なのかを把握しておくことは必要なことです。
人口が減っている地域で大規模なマンションを建築しても入居者が見つからないこともあります。人口が増えている地域なら入居者を見つけやすいでしょう。



駅前が開発されているような地域では人口が増える可能性が高くなると考えられます。


しかし、隣の駅で駅前が開発されているような地域なら、そちらに人口が流れていってしまう可能性もあると言えるでしょう。



このような傾向を把握しておくことは土地開発には必要なことの一つだと考えられます。


土地活用は長期に渡ることですから、長期的にその地域がどのように変化していくのかを知ることは非常に大事なことの一つだと考えられます。

関連リンク

お金がなくて借金が嫌いな人のための土地活用

土地活用をしようと思っても先立つものがなければ何もできません。せっかく良い立地のところに土地を持っていても、マンションを建築するためには大きな費用がかかります。...

more

土地活用をするときの賃料の査定

土地活用をするときには賃料を定めなければなりません。賃料はオーナーが決めなければならないもので、それをどれくらいに設定するのかによって収入が変わってきます。...

more
top