土地活用が特別な方法だと考えるのは間違い

土地活用は誰にでもできる資産運用方法だと言われることもありますし、高い利回りを実現できる資産運用方法だと言われることもあります。

土地活用にはいろいろな特徴がありますから、このように言われることが多いのでしょうが、特別な方法だと考えるのは間違いです。
他の資産運用方法と比較すれば特徴はありますが、これは他のものでも同じです。

なんとなく素人にでもできる簡単な方法だというイメージを持ってしまうこともあるようですが、これも間違いだと言えるでしょう。


土地活用をするためには、いろいろな知識が必要となります。

他の資産運用方法でもやはりいろいろな知識が必要になるという点では同じです。

高い利回りを実現できるというのは、これはリスクを高めているからできるわけであって、他の資産運用の方法でもリスクを高めれば高い利回りを実現できるでしょう。

実物資産だから安心だというのも間違っていると言えるでしょう。
確かに、物件を見ることはできますし触ることもできます。

それは形があるというだけのことであって、金利や賃料相場、人気、流行というものは、概念でしかありませんから、本質的な部分は実物資産であっても経済の仕組みの一部でしかないのです。
そもそも安心かどうかは個人的な考え方の一部にしか過ぎないわけですから、そんな理由で選ぶべきではなくて、土地活用でどうやって利益を上げていくのかをきちんと学んでから始めるべきだと考えられます。

デッドスペースと言われる土地があります。
読んで字のごとく使い道のない「死に地」のことですしかし、そのような土地でも知恵を絞れば土地活用するということは可能です。
例えば次のようなケースを考えてみてください。


小さな土地にコインパーキングを作るとします。ところが1台しか車を置くことはできません。


二台目は無理なスペースです。


ですが、1台置いた状態では幾らかスペース的に余裕があります。
このような場合どのように土地活用をすることができるのでしょうか。
車を置くという発送から抜け出すようにします。


車1台だけでは余裕があるものの二台目が無理ならば、それよりも小型なものを置くことを考えることができます。例えば、バイクや自転車のための駐車スペースを設けるということもできるかもしれません。
利便性の良いところであるならば、そうした駐車場の土地活用方法有効なはずです。
そのようにバイクや自転車のための駐輪場を設けるならば車1台よりも収入が入ってくるはずです。
また次のようなケースも想像してみてください。
駐車場の片側に何台か駐車することができます。
しかしながら、もう一方の方には十分な駐車スペースはありません。

でも何となくその部分は使えそうな感じがします。
では、どのようにその土地を有効活用することができるでしょうか。

例えば、やはり駐輪場として使うことは一つの方法といえます。


また、トランクルームを置くということも一つの方法といえるでしょう。需要があるならば、そのような仕方で土地を有効活用することもできます。

















関連リンク

お金がなくて借金が嫌いな人のための土地活用

土地活用をしようと思っても先立つものがなければ何もできません。せっかく良い立地のところに土地を持っていても、マンションを建築するためには大きな費用がかかります。...

more

土地活用をするときの賃料の査定

土地活用をするときには賃料を定めなければなりません。賃料はオーナーが決めなければならないもので、それをどれくらいに設定するのかによって収入が変わってきます。...

more
top